でもね

これから4年の間に泊まるところもそろそろ無くなる

なら後はどこに行くべくの

どこに行くつもりの

僕は まだ知らない まだ 諦めない

いずれ僕は私が話せない言葉を世に伝わる

僕の未来は、むなしいことが決まるものジャァナイ!

再び

捕また

疲れた

愛しい家族と友達の幸福と健康を

誠に願う


僕の救いは僕自身かも

このつらみを引き換えに彼らのいいことが手に入れるのを祈る

それも、勝ちます

「僕がここにいる

僕が生きている

誰か 僕を 見つけて」


「God has never played his role

cuz I'm the one who saves my soul

it's the perfect world we are longing for…so long」

悪夢が続いている

罪人の血の匂いを見つけた番犬らしい

僕を追いかける

空へ自由に飛べたい

重力を受けても飛べる

他の何物も借りなくて自分の身だけで

風を感じて、雲を感じて、そしてそれをこえて空に至る

やっと気付いた

我らは自分を傷付かなければ生きられないモノだ

周囲の人に傷を付けない

なら自分を

そして血が見えた時、血が流れ出した時

まるで私の悲しみと苦しみが消えて行くみたい

永遠に還らぬ故郷のため

死せる者のため

想像できず程の苦しみと悲しみと誰にも届けない泣き声のため

必ず我が尽きせぬ恨みを憎みを呪いを

我が者の造物に丹精を込めて

外の世界に 自由に 飛べる

© Verfall | Powered by LOFTER